広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院 脳神経内科学 広島大学大学院HP 外来診療 ENGLISH

教室紹介医局について研究紹介神経内科医をめざす皆様へ卒前教育について同門会員サイトマップお問い合わせ

  1. Home>
  2. 研究紹介>
  3. 業績>
  4. 2017年

研究紹介

新着情報

神経内科医をめざす皆様へ

広島大学大学院 脳神経内科学Facebookページ

同門会

CIDC難病対策センター

JSA日本脳卒中協会広島県支部

脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究

研究紹介

業績 2017年

2017
英文著書   英文原著   邦文著書   邦文総説   邦文原著   国際学会   総会   地方会   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究発表   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究報告書  
 

国際学会

Kitagawa K,Hosomi N, Nagai Y, Kagimura T, Origasa H, Minematsu K, Uchiyama S, Nakamura M, Matsumoto M.
Treatment with pravastatin decreases the level of serum hs-CRP in ischemic stroke patients -Hs-CRP sub-study of the Japan Statin Treatment against Recurrent Stroke(J-STARS)-. International Stroke Conference 2017. Houston, USA. 2017年2月.

Watanabe C.
Atrophic pattern using MRI in semantic dementia. Alzheimer's Association International Conference 2017. London, England. 2017年7月.

Tsunematsu M, Hosomi N, Mukai T, Sueda Y, Shimomura R, Maruyama H, Kakehashi M, Matsumoto M.
The risk of stroke induced by meteorological conditions in different sex and age groups: Hiroshima Emergency and Weather Study (HEWS) stroke collaboration. The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology, Saitama, Japan. 2017年8月.

Fujii H, Kurokawa K, Tachiyama K, Eto F, Agari D, Sonoo M, Yamawaki T.
Clinical features and tibial nerve somatosensory evoked potential findings in patients with neuromyelitis optica spectrum disorder. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Ikeda K, Hayashi M, Tachiyama K, Ishibashi H, Sugimoto T, Fujii H, Agari D, Kurokawa K, Yamawaki T.
NK/T cell lymphoma initially manifested with myositis. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Kikumoto M, Hayashi M, Eto F, Tachiyama K, Ishibashi H, Sugimoto T, Fujii H, Agari D, Kurokawa K, Yamawaki T.
Miller Fisher syndrome in which delayed facial palsy developed after intravenous immunoglobulin therapy. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Tachiyama K, Kurokawa K, Sonoo M, Hayashi M, Eto F, Ishibashi H, Sugimoto T, Fujii H, Agari D, Hemmi S, Yamawaki T.
Decremental responses following repetitive nerve stimulation in spinal and bulbar muscular atrophy (SBMA) are similar to those in amyotrophic lateral sclerosis. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Tsukizawa Y, Hayashi M, Tachiyama K, Ishibashi H, Sugimoto T, Fujii H, Agari D, Kurokawa K, Yamawaki T.
Efficacy of immunotherapy in retinal vasculopathy with cerebral leukodystrophy. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Sugimoto T, Ochi K, Kohriyama T, Hayashi M, Tachiyama K, Ishibashi H, Fujii H, Agari D, Kurokawa K, Yamawaki T, Matsumoto M, Maruyama H.
Long term course and malignancy as a prognostic factor of chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Shiga Y, Nomura E, Takeshita J, Takemaru M, Kono R, Himeno T, Shimoe Y, Takamatsu K, Kuriyama M.
Difference in de Novo Cerebral Microbleed among Direct Oral Anticoagulants. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Himeno T, Kuriyama M, Takemaru M, Kanaya Y, Shiga Y, Takeshima S, Takamatsu K, Shimoe Y, Fukushima T, Matsubara E.
Vascular risk factors and internal jugular venous flow in transient global amnesia: a study of 165 Japanese patients. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Kaseda Y, Ikeda J, Sugihara K, Kohriyama T.
The therapeutic effects of low-frequency rtms on hand function and quality of life in chronic stroke patients relating to functional integrity of the corticospinal tract. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Imamura E, Nakamori M, Matsushima H, Kushitani S, Maetani Y, Wakabayashi S.
Impact of the oral use of antithrombotic agents on outcomes in patients with intracerebral hemorrhage, The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Nakamori M, Imamura E, Matsushima H, Maetani Y, Kushitani S, Wakabayashi S, Yoshikawa M, Tsuga K, Nagasaki T, Hosomi N, Maruyama H.
Investigation of the relationship between videofluoroscopic examination and tongue pressure using a balloon-type device in acute stroke patients, The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Nezu T, Naka H, Hosomi N, Takamatsu K, Nomura E, Kitamura T, Torii T, Ohshita T, Nakamori M, Imamura E, Shimomura R, Aoki S, Maruyama H, Matsumoto M.
Microbleeds evaluation study for prevention of brain hemorrhage in ischemic stroke (MB-evidence): pilot analysis for multicenter longitudinal study, The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Nomura E, Ohshita T, Naka H, Matsushima H, Kubo S, Takeshima S, Imamura E, Torii T, Hosomi N, Maruyama H, Matsumoto M.
Stroke Recurrence or Death during 2 Weeks after Acute Ischemic Stroke with Atrial Fibrillation-Multicenter Prospective Registry in Hiroshima. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Sugiura T, Torii T.
Acute phase antithrombotic therapy and the early recurrence of patients with cardioembolic stroke. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Sumi N, Kurashige T, Sueda Y, Ohta M, Kanbara T, Sugiura T, Torii T.
EGFR mutation and ALK fusion oncogene decrease stroke risk in patient with trousseau syndrome due to lung adenocarcinoma. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Kurashige T, Sumi N, Kanbara T. Ohta M, Sugiura T, Maruyama H, Torii T.
Anti-HMGCR antibody positive myopathy shows bcl-2-positive lymphocyte follicles.The 22nd International Annual Congress of the World Muscle Society. Sait Malo, France. 2017年10月.

Kataoka S, Kitamura T, Terasawa H, Hori A, Nakanishi M, Matsui M, Ishikawa K, Araki M, Maruyama H, Matsumoto M.
Post-Ischemic Stroke Epileptic Seizures: Prognosis and Outcomes. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Muguruma K, Kitamura T, Fukuda T, Takebayashi Y, Kuga J, Sugimoto T.
Investigating effectiveness of DaTView® and DaTQUANT® using LEUHR-FB in Parkinson`s disease. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Aoki S, Hosomi N, Nezu T, Araki M, Matsushima H, Shimomura R, Kinoshita N, Maruyama H.
Characteristics and patterns of acute ischemic lesions in intracerebral hemorrhage. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Morino H, Ohsawa R, Miyamoto R, Izumi Y, Maruyama H, Kawakami H.
Identification rate of hereditary neurodegenerative disease by next-generation sequencing. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Neshige S, Matsuhashi M, Sakurai T, Kobayashi K, Shimotake A, Kikuchi T, Yoshida K, Kunieda T, Matsumoto R, Maruyama H, Takahashi R, Ikeda A.
Efficacy of wide-band electrocorticography (ECoG) on mapping of the primary sensori-motor area compared with electrical cortical stimulation (ECS). The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Shishido T, Nagano Y, Araki M, Takahashi T, Matsumoto M, Maruyama H.
Synphilin-1 has neuroprotective effect on Parkinson’s disease-model cells by inhibiting apoptosis. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Li C, Takahashi T, Shresta T, Kinoshita E, Matsubara T, Maruyama H, Matsumoto M.
4’,6-diamidino-2-phenylindole distinctly labels tau deposits. The 23th World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017年9月.

Kurashige T, Sumi N, Kanbara T, Ohta M, Sugiura T, Maruyama H, Torii T.
Anti-HMGCR antibody positive myopathy shows bcl-2-positive lymphocyte follicles. 22th International Congress of the World Muscle Society, Saint Malo, France, 2017年10月.

Nagano Y, Shishido T, Araki M, Takahashi T, Maruyama H.
Synphilin-1 has neuroprotective effect on Parkinson’s disease-model cells by inhibiting apoptosis. Neuroscience 2017, Washington DC, USA, 2017年11月.

 

総会

中森正博, 細見直永, 今村栄次, 前谷勇太, 渡邉友彬, 若林伸一丸山博文松本昌泰
舌圧測定は脳卒中患者の入院中肺炎発症を予測する.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

祢津智久,北野貴也,久保智司,城本高志,植村順一,和田裕子,細見直永丸山博文八木田 佳樹
原因不明脳梗塞患者における右左シャント、D-dimerと再発の検討.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

北野貴也,祢津 智久,城本 高志,久保 智司,植村 順一,和田 裕子,八木田 佳樹
穿通枝閉塞患者の脳卒中再発に右左シャントが関係する.第42回日本脳卒中学会.大阪.2017年3月.

下村 怜細見直永,恒松美輪子,向井智哉末田芳雅丸山博文,梯 正之,松本昌泰
HEWS-stroke collaborators.気象前線通過は脳梗塞発症頻度を増加する.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

北川一夫,細見直永,永井洋士,鍵村達夫,大槻俊輔,内山真一郎,峰松一夫,松本昌泰
脳梗塞患者におけるプラバスタチンの高感度CRP低下作用:Hs-CRP sub-study in J-STARS.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

細見直永,永井洋士,北川一夫,青木志郎祢津智久,鍵村達夫,内山真一郎,峰松一夫.
脳卒中再発予防に向けた至適LDLコレステロール値の解析 -J-STARS研究サブ解析-.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

細見直永
脳卒中患者の危険因子管理.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

志賀裕二野村栄一竹下 潤,竹島慎一,竹丸 誠,河野龍平,高松和弘下江 豊栗山 勝
2次予防としてDOACを導入した脳梗塞患者における脳卒中再発の検討.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

西村美里,村上祐介,藤井勇佑,松浦大輔、矢守 茂,野村栄一
precentral knobに限局した脳梗塞による上肢運動麻痺の臨床経過.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

竹丸 誠,野村栄一,安藤 等,河野龍平,関原嘉信,姫野隆洋,吉本武史,前田一史,大田慎三,栗山 勝
後方循環系脳梗塞に対するステントリトリーバーによる急性期血栓回収術の治療成績.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

野村栄一,竹丸 誠,河野龍平,安藤 等,大田慎三.
tPAの静注療法の著効が期待できない群に対する血栓回収療法の効果の検討.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

前谷勇太中森正博渡邉友彬今村栄次,蛯子裕輔,石井洋介,相原 寛,須山嘉雄,若林伸一
脳梗塞超急性期治療患者におけるADC値と可逆病変の検討.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

小川加菜美,中森正博,黒瀬雅子,西野真佐美,平田明子,今村栄次若林伸一
脳卒中患者における頸動脈エコー, ABI/PWVの相関と病型診断に関する検討.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

畑山智哉,川畑政浩,岡田和紀,今村栄次若林伸一梶川 博
FIM細項目において回復期脳卒中片麻痺患者の歩行獲得に影響を及ぼす要因の検討.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

今村栄次中森正博前谷勇太渡邉友彬,蛯子裕輔,石井洋介,相原 寛,須山嘉雄,若林伸一梶川 博
脳出血発症前の抗血栓薬内服と転帰.第42回日本脳卒中学会学術集会.大阪.2017年3月.

猪川文朗富村 光村岡省吾山﨑雅美,上利美智子,福塲浩正宮地隆史
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する終末期医療の後方視的調査研究.第114回日本内科学会総会・講演会.2017年4月.

鬼頭昭三,新郷明子,村勢敏郎.
“脳の糖尿病”ラットの認知機能障害のメカニズム.第114回日本内科学会総会・講演会.2017年4月.

新郷明子,鬼頭昭三,村勢敏郎.
“脳の糖尿病”ラットの認知障害と海馬歯状回樹状突起での初期変化.第30回日本老年学会総会・第59回日本老年医学会学術集会.名古屋.2017年6月.

越智一秀久賀淳一朗廣中明美上野弘貴丸山博文
超音波で経過を追跡したHMGCR抗体陽性壊死性ミオパチーの一例.第36回日本脳神経超音波学会総会、高松.2017年6月.

細見直永,永井洋士,北川一夫,青木志郎袮津智久,鍵村達夫,丸山博文,内山真一郎,峰松一夫,松本昌泰
脳卒中再発予防に向けた至適LDLコレステロール値の探索、J-STARS研究サブ解析.第4回心血管脳卒中学会、福岡、2017年6月.

細見直永
DOACによる心原性脳塞栓症予防治療の現状と今後の展開.第20回日本臨床脳神経外科学会.広島.2017年7月.

松本昌泰.
脳動脈硬化症:その今日的意義と近未来への展望.会長講演.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

Nezu T, Hosomi N, Maruyama H, Matsumoto M
Carotid intima-media thickness: overview. Watching the Risk in Japan. From arterial wall thickening to clinical symptom. 第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

田原栄俊,祢津智久丸山博文松本昌泰
テロメアGテール長による動脈硬化等生活習慣病の罹患リスク評価.シンポジウム5「動脈硬化におけるバイオマーカー」.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

向井智哉細見直永,恒松美輪子,下村 怜,梯 正之,丸山博文松本昌泰
気象変化と脳卒中.シンポジウム11「大気環境と動脈硬化性疾患」.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

高橋郁乃
放射線と動脈硬化:放射線影響研究所における動脈硬化の臨床疫学調査結果. シンポジウム7「動脈硬化の臨床・疫学研究」.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

細見直永
歯周病菌感染症は脳梗塞に影響する?.シンポジウム14「マイクロバイオーム研究により動脈硬化診療にイノベーションは起きるのか?」.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

仲 博満
脳微小出血:抗血栓薬による脳出血を防ぐために.教育講演「いまさら聞けない動脈硬化学6」.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

中森正博.
脳卒中と嚥下障害.メディカルスタッフセッション1「急性期~在宅までの嚥下障害患者を支える」.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

細見直永.
頸動脈エコーを動脈硬化診療に活用する.実地医家セッション1:外来診療に役立つ!これだけ知っていれば大丈夫な頸動脈エコーの知識.第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

祢津智久細見直永青木志郎,鈴木則幸,手嶋 司,杉井均視,永濱 忍,黒瀬由喜,丸山博文松本昌泰
脳卒中既往高血圧患者の頸動脈硬化に及ぼすシルニジピンの影響(CA-ATTEND研究).第49回日本動脈硬化学会総会学術集会.広島.2017年7月.

山脇健盛
脳動脈解離の診断と治療.第9回Stroke Consortium in Tokyo.東京.2017年5月.

黒川勝己
シンポジウム 6病院総合診療医に求められている診療スキルとは? (Part 2)クリティカルな神経兆候を見逃さない診療技術を磨く.第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.高松.2017年5月.

神原智美倉重毅志,在津潤一,大田麻由実角奈保子杉浦智仁,倉岡和矢,鳥居剛
発症後6年で突然死したParkinson病の61歳男性剖検例.第58回日本神経病理学会学術研究会 東京 2017年6月.

谷内涼馬,妹尾美由紀,田邊良平,林宏則,鳥居剛
急性期ギラン・バレー症候群患者における基本動作障害の臨床的特徴.第52回日本理学療法学会学術大会 千葉 2017年5月.

畑山智哉,今村栄次,岡田和紀,川畑政浩,若林伸一
FIM細項目において回復期脳卒中片麻痺患者の歩行獲得に影響を及ぼす要因の検討.第42回脳卒中学会総会.大阪.2017年3月.

前谷勇太, 中森正博, 渡邉友彬, 今村栄次, 蛯子裕輔, 石井洋介, 相原寛, 須山嘉雄, 若林伸一
脳梗塞超急性期治療患者におけるADC値と可逆病変の検討.第42回脳卒中学会総会.大阪.2017年3月.

杉本太路越智一秀郡山達男立山佳祐石橋はるか藤井裕樹黒川勝己山脇健盛松本昌泰丸山博文
慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーにおける長期経過と重症度関連因子に関する検討.第29回日本神経免疫学会学術集会.札幌.2017年10月.

齊藤明子,吉本武史音成秀一郎志賀裕二,河野龍平,高松和弘下江 豊,万波智彦,鈴木優子,川上万里,齊藤峰輝,岡本宏明,栗山 勝
2014年流行時にA型急性肝炎を発症し、経過中にギラン・バレー症候群を合併した症例のウィルス学的解析.第22回日本神経感染症学会総会・学術大会.福岡.2017年10月.

竹下 潤野村栄一志賀裕二,竹丸 誠,河野龍平,藤田和久,姫野隆洋,高松和弘下江 豊栗山 勝
皮質下出血を繰り返し急速に悪化したVZV vasculopathyの1例.第22回日本神経感染症学会総会・学術大会.福岡.2017年10月.

加世田ゆみ子
パーキンソン病の診断と治療の動向 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会  シンポジウム11  神経難病の治療・リハビリテーションの動向(神経難病リハビリテーション研究会との合同企画).岡山.2017年6月.

杉原勝宣,加世田ゆみ子,吉本祐介,石井良昌,池田順子,嘉村雄飛,上田健人,郡山達男
回復期リハビリ病院における精神疾患併存患者の特徴について 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会.岡山.2017年6月.

石井良昌,加世田ゆみ子,吉本祐介,池田順子,杉原勝宣,嘉村雄飛,上田健人,郡山達男
回復期における大腿骨近位部骨折術後のFIM運動項目の検討―認知症検査による評価 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会.岡山.2017年6月.

唐下智衣, 松尾しのぶ,今村栄次若林伸一
抗凝固薬の使用状況と薬学的管理の留意点.第20回日本臨床脳神経外科学会.広島.2017年7月.

甲斐健斗, 松前良和,岡本浩幸,今村栄次若林伸一
当院における回復期リハビリテーション病棟アウトカム実績指数に影響を及ぼす因子について.第20回日本臨床脳神経外科学会.広島.2017年7月.

西野真佐美, 中森正博, 小川加菜美, 黒瀬雅子,平田明子, 今村栄次, 若林伸一
脳卒中患者における頸動脈エコー, ABI/PWVの相関と病型についての検討, 第36回日本脳神経超音波学会.高松.2017年6月.

松田健司, 仲前真里, 中森正博, 若林伸一, 梶川 博
回復期リハビリテーション病棟における脳卒中後うつの検討, 第20回日本臨床脳神経外科学会.広島.2017年7月.

木村敬子, 中森正博, 船井美香, 曽谷利絵, 加茂田英子, 若林伸一
急性期脳卒中患者におけるベッドサイド評価としての舌圧測定に関する検討, 第20回日本臨床脳神経外科学会.広島.2017年7月.

佐々木洋平,長岡英樹,畠山達也,伊藤 聖織田雅也和泉唯信.
短期集中リハビリテーション入院を繰り返し利用し,在宅生活状況の改善が得られたパーキンソン病の一例.第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会.石川.2017年9月.

平松佑美,福田聖子,大熊恵理佳,齋藤幸枝,高橋雄介,三島直也,星野 恵,別府成人,久保薗和美,在津潤一,鈴木崇久,山口 厚,稲束有希子,鳥居 剛,山下 芳典.
TCSA の活動により早期に栄養管理が検討され褥瘡が改善した1例. 第10回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会.鳥取.2017年8月.

古中悠貴,久保めぐみ,杉浦和弥,河本佳子,赤木涼太郎,堀江あゆみ,石井里絵,鳥居 剛
オーディットにおける監査マニュアルの改訂の効果.第43回日本診療情報管理学会学術大会.札幌.2017年9月.

堀江あゆみ,下瀬省二,久保めぐみ,河本佳子,赤木涼太郎,石井里絵,古中悠貴,杉浦和弥,鳥居 剛
臨床評価指標を用いた 改善の取り組み. 第43回日本診療情報管理学会学術大会.札幌.2017年9月.

赤木涼太郎,堀江あゆみ,久保めぐみ,河本佳子,石井里絵,古中悠貴,杉浦和弥,鳥居 剛
気胸症例における入院期間を 長期化させる要因.第43回日本診療情報管理学会学術大会.札幌.2017年9月.

赤木涼太郎,堀江あゆみ,久保めぐみ,河本佳子,石井里絵,古中悠貴,杉浦和弥,鳥居 剛
高齢者肺炎症例における入院期間の検討-入院経路、退院先及びA-DROPからの比較.第43回日本診療情報管理学会学術大会.札幌.2017年9月.

西川智和,藤本雅子,富村 光村岡省吾山﨑雅美,上利美智子,福塲浩正宮地隆史
山口県東部地域における認知症患者の自動車運転についての実態調査.第8回日本脳血管・認知症学会総会.東京.2017年8月.

宮地隆史,檜垣 綾,溝口功一,小森哲夫,西澤正豊.
都道府県別の在宅人工呼吸器装着者および外部バッテリー装備率調査.第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会.石川.2017年9月.

檜垣 綾,和田千鶴,溝口功一,小森哲夫,西澤正豊,宮地隆史
宅人工呼吸器患者の災害時の備え~訪問看護ステーションへのアンケート調査から見えてきたもの~.第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会.石川.2017年9月.

藤本雅子,檜垣 綾,川上 泉,長村和美,渡邉友彬山﨑雅美,上利美智子,福塲浩正,住元 了,宮地隆史
認知症患者の自動車運転についての実態調査.第18回日本早期認知症学会.東京.2017年10月.

下村怜細見直永木下直人袮津智久荒木睦子青木志郎,木村浩彰,丸山博文
失語を有する急性期心原性脳塞栓症患者の退院時転帰.第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会.大阪.2017年10月.

下村怜細見直永木下直人袮津智久荒木睦子青木志郎,木村浩彰,丸山博文
半側空間無視を有する急性期心原性脳塞栓症患者において退院時転帰に影響を及ぼす因子.第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会.大阪.2017年10月.

袮津智久細見直永下村怜青木志郎高橋哲也,林奉権,松本昌泰丸山博文
血清α2マクログロブリンと炎症性サイトカインの関連:脳心血管リスク因子保有例での検討.第60回日本脳循環代謝学会学術集会.大阪.2017年11月.

Neshige S, Matsuhashi M, Kobayashi K, Shimotake A, Hitomi T, Kikuchi T, Yoshida K, Kunieda T, Matsumoto R, Maruyama H, Takahashi R, Miyamoto S, Ikeda A
Practical motor mapping using a scoring system of intrinsic electrocorticography scitivity of by movement-related cortical poteintial and event-related synchronization/de-synchronization: does it replace electrical  cortical stimulation? 第51回日本てんかん学会学術集会.京都.2017年11月.

倉重毅志末田芳雅森野豊之鳥居剛丸山博文
22q11.2欠失症候群による若年性パーキンソン症候群の1例.日本人類遺伝学会第62回大会.神戸.2017年11月.

森野豊之,松田由喜子,大澤亮介,宮本亮介,和泉唯信丸山博文川上秀史
次世代シーケンスによる遺伝性神経変性疾患の原因遺伝子同定率.日本人類遺伝学会第62回大会.神戸.2017年11月.

大下智彦菊本舞都甲めぐみ山下拓史丸山博文
Poststroke dementiaの画像所見についての検討.第36回日本認知症学会学術集会.金沢.2017年11月.

中森正博松島勇人前谷勇太櫛谷聡美今村栄次若林伸一三森康世丸山博文
ラクナ梗塞患者におけるABI/baPWVと認知機能の関連性の検討.第36回日本認知症学会学術集会.金沢.2017年11月.

 

地方会

深井梨加,吉岡智子,坂原舞,宮岡由英,今村栄次若林伸一梶川博
脳血管疾患発症によって生じる心理過程について~回復期リハビリテーション病棟での経過を踏まえて~.第42回広島県病院学会.広島.2017年3月.

久賀淳一朗越智一秀青木志郎上野弘貴,一戸辰夫,丸山博文今村栄次,美山貴彦,渡邉友彬, 中森正博
中枢神経障害で発症し、多発微小出血を認めた Asian variant of intravascular large B-cell lymphoma(AIVL)の1例.第116回日本内科学会中国地方会.宇部.2017年6月.

小川友香理,江藤 太立山佳祐藤井裕樹上利 大黒川勝己山脇健盛
成人では極めて稀な起炎菌による細菌性髄膜炎の1例.第116回日本内科学会中国地方会.宇部.2017年6月.

前谷勇太中森正博渡邉友彬関根真悠櫛谷聡美今村栄次若林伸一
一過性全健忘後にくも膜下出血を合併し、静脈うっ滞の関与が疑われた57歳女性例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

田妻 卓,江藤 太立山佳祐藤井裕樹上利 大黒川勝己山脇健盛
脳梗塞に対する抗血栓療法後に重症脳出血をきたした脳アミロイド血管症の一例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

竹丸 誠,竹下 潤志賀裕二,河野龍平,竹島慎一,高松和弘野村栄一下江 豊栗山 勝
著明な皮質下出血を合併したreversible cerebral vasoconstriction syndrome(RCVS)の一例. 第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

佐藤智史,北野貴也,木下景太,城本高志,久保智司,植村順一,和田裕子,松原俊二,宇野昌明,八木田佳樹
急性期右中大脳動脈に機械的血栓回収術を施行し、再開通から4ヶ月後に同血管がnear-occlusionとなっていた1例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

岡本美由紀,竹下 潤志賀裕二,竹島慎一,竹丸 誠,河野龍平,野村栄一高松和弘下江 豊栗山 勝,吉田邦広.
傍脳梁部飛び石(stepping stone)様石灰化を呈しCSF-1R の新規遺伝子変異を認めたHDLS の1例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

喜多也寸志,寺澤英夫,清水洋孝,上原敏志,山下太郎,安東由喜雄.
型同定に液体クロマトグラフ・タンデム型質量分析が有用であった高齢発症家族性アミロイド・ポリニューロパチー(V30M)の1 剖検例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

寺澤英夫,清水洋孝,上原敏志,喜多也寸志,島 さゆり,武藤多津郎.
急性脊髄炎を主徴とする神経障害に抗中性糖脂質抗体の関与が示唆された1 例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

土谷江奈,倉重毅志大田麻由実角 奈保子神原智美杉浦智仁,稲束有希子,鳥居 剛
皮膚結核の経過中に多発単神経炎を呈した1例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

角 奈保子倉重毅志大田麻由実神原智美杉浦智仁,原田直江,鳥居 剛
抗HMGCR 抗体陽性であった、抗TIF1- γ抗体陽性皮膚筋炎の1 例,第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

田坂沙季上野弘貴金谷雄平青木志郎,山﨑文之,細見直永,有広光司,栗栖 薫,丸山博文
脳幹glioma が疑われた58 歳男性の症例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

江藤 太立山佳祐藤井裕樹上利 大黒川勝己山脇健盛,沖川佳子,野田昌昭,市村浩一.
1 年半にわたり筋炎症状が先行したNK/T 細胞リンパ腫の一例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

楊 若芸,米川 智,向井達也,田中栄蔵,土井 光荒木武尚
浸潤性胸腺腫に辺縁系脳炎と頸部限局性ミオパチーを合併した一例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

大山桐子,江藤 太立山佳祐藤井裕樹上利 大黒川勝己山脇健盛
自律神経障害と脱髄性ニューロパチーが先行したサルコイドーシスの一例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

竹下 潤,竹島慎一,志賀裕二,竹丸 誠,河野龍平,高松和弘野村栄一下江 豊栗山 勝,宮阪 英,楠 進.
Fisher 症候群(FS)合併のPharyngeal-cervicalbranchial(PCB)variantの1 例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

三宅修司,江藤 太立山佳祐藤井裕樹上利 大黒川勝己山脇健盛
Acute oropharyngeal palsy(AOP)の1 例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

山崎慎太郎, 久賀淳一朗越智一秀青木志郎上野弘貴倉重毅志,松尾佳美,有廣光司,丸山博文
皮疹が先行した抗3-hydroxy-3-methylglutarylcoenzyme A reductase(HMGCR)抗体陽性壊死性ミオパチーの一例. 第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

猪川文朗, 丸山博文西川智和村岡省吾富村 光山﨑雅美,上利美智子,福塲浩正宮地隆史
レビー小体型認知症に橋本脳症を合併した抗NMDA 受容体抗体陽性の一例. 第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

河野龍平, 志賀裕二竹下 潤,竹丸 誠,竹島慎一,野村栄一高松和弘下江 豊栗山 勝
インフルエンザA 罹患後、ペラミビル投与をうけ発症した白質脳症の一例. 第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

志賀裕二, 竹下 潤,竹島慎一,竹丸 誠,高松和弘野村栄一下江 豊,金子仁彦,高橋利幸,栗山 勝
視神経炎、脊髄炎を呈した抗MOG抗体関連疾患の1例. 第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

田中栄蔵,向井達也,荒木武尚,米川 智,土井 光
左動眼神経不全麻痺を呈した中脳梗塞の1例.第117回日本内科学会中国地方会.出雲.2017年11月.

渡邉友彬西川智和村岡省吾富村 光山﨑雅美,上利美智子,福塲浩正宮地隆史菊本 舞,松本信夫.
レボドパ・カルビドパ配合剤空腸持続投与療法中に,経胃瘻的空腸チューブ閉塞をきたした1例.第117回日本内科学会中国地方会.出雲.2017年11月.

石橋里歩,倉重毅志神原智美角奈保子杉浦智仁鳥居 剛
無数の皮下結節を認め,FDG-PETが診断に有用であった全身型サルコイドーシスと診断した1例.第117回日本内科学会中国地方会.出雲.2017年11月.

菊本 舞大下智彦都甲めぐみ山下拓史,永井道明,加藤雅也,土手慶五
右島皮質病変による心機能低下が疑われた単純ヘルペス脳炎の1例.第117回日本内科学会中国地方会.出雲.2017年11月.

伊藤徳明,田坂沙季越智一秀,上野弘貴,丸山博文
ALL再発によってMRIでGd造影効果を伴う左右対称性の脊髄神経根の腫大を認めた1例.第117回日本内科学会中国地方会.出雲.2017年11月.

桑原政志,光原崇文,大下智彦,下永皓司,細貝昌弘.
急速な視機能悪化にて発症した眼窩内偽腫瘍の1例 第82回日本脳外科学会中国四国支部学術集会.出雲.2016.12月.

須山嘉雄,若林伸一,相原寛,蛯子裕輔,今村栄次梶川 博
急性期血行再建術において遠位塞栓を生じた2症例の検討.第26回日本脳神経血管内治療学会中国四国地方会.高知.2017年6月.

松島勇人, 前谷勇太, 中森正博, 櫛谷聡美, 今村栄次, 若林伸一
肺動静脈瘻による奇異性脳塞栓症を発症し, 遺伝性出血性末梢血管拡張症と診断した一例, 第19回中国四国脳卒中研究会.高松.2017年9月.

八木田佳樹,岩本高典,久保智司,城本高志,植村順一,和田裕子,宇野昌明.
院内発症脳卒中への対応:現状と課題.第19回中国四国脳卒中研究会.高松.2017年9月.

猪川文朗西川智和村岡省吾富村 光山﨑雅美,上利美智子,福塲浩正宮地隆史丸山博文
レビー小体型認知症に橋本脳症を合併した抗NMDA受容体抗体陽性の一例.第102回日本神経学会中国・四国地方会.高知.2017年6月.

教室紹介 医局について 神経内科医をめざす皆様へ 同門会員
広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院

医系科学研究科

脳神経内科学

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3

TEL:082-257-5201

FAX:082-505-0490

ロゴマークについて
研究紹介 卒前教育について
 
copyright by 1999-2015 Hiroshima Univ. Clinical Neuroscience & Therapeutics