広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院 脳神経内科学 広島大学大学院HP 外来診療 ENGLISH

教室紹介医局について研究紹介神経内科医をめざす皆様へ卒前教育について同門会員サイトマップお問い合わせ

  1. Home>
  2. 研究紹介>
  3. 業績>
  4. 2008年

研究紹介

新着情報

神経内科医をめざす皆様へ

広島大学大学院 脳神経内科学Facebookページ

同門会

CIDC難病対策センター

JSA日本脳卒中協会広島県支部

脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究

研究紹介

業績 2008年

2008
英文原著   邦文著書   邦文原著   邦文総説   国際学会   学会発表(総会)   学会発表(地方会)   学会発表(研究会)   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究発表   座談会・対談   冊子・その他
 

邦文著書

勝岡宏之
診療部門.医療秘書・医療事務 実務教育講座 病院管理(白髪昌世・監修).メディカルエデュケーション、東京:p96-118,2008.

山下拓史、松本昌泰
基礎研究と遺伝性パーキンソン病の原因遺伝子―PARK1およびPARK4―α-synuclein(SNCA)とパーキンソン病.別冊・医学のあゆみ ここまでわかったパーキンソン病研究(服部信孝・編)医歯薬出版株式会社、東京:p71-75、2008.

加世田ゆみ子、三森康世
4章 認知症の検査、評価尺度 5.神経生理学的検査.認知症テキストブック(日本認知症学会・編)中外医学社、東京:p150-152、 2008.

 

邦文原著

 

邦文総説

大下智彦、 末田芳雅
抗VGKC抗体陽性辺縁系脳炎基礎疾患の種類、病態、治療. Clinical Neuroscience 26: 512-515, 2008.

近藤啓太、丸石正治
大脳皮質磁気刺激療法.ペインクリニック29:S206-S214, 2008.

近藤啓太、野田公一、越智一秀、野村栄一、大槻俊輔、松本昌泰
左上大静脈遺残を介したと考えられる奇異性脳塞栓症の1例.臨床神経学48:492-496,2008.

松本昌泰
脳卒中治療の最新動向 日本人の脳卒中の特徴を知る.日経メディカル12:16-17,2008.

山下拓史、松本昌泰
PARK2およびPARK4-α-synuclein(SNCA)とパーキンソン病.医学のあゆみ225(5):427-431,2008.

川瀬佳代子、豊田一則
AHA/ASA Guideline:Primary Prevention of lschemic Stroke.Thrombosis72-74,2008.

織田雅也、宇高不可思
MRI診断.日本臨牀66(6):1098-1102,2008.

郡山達男、越智一秀、松本昌泰
IFNβ治療と効果予測因子.日本臨牀66(6):1119-1126,2008.

近藤啓太、野村栄一、大槻俊輔、松本昌泰
スタチンによる脳卒中予防効果.Heart View 11:311-316, 2008.

松本昌泰
脂質代謝異常と脳血管障害 序.分子脳血管病 7:15-16, 2008.

郡山達男、松本昌泰
脂質管理による脳血管障害一次・二次予防のエビデンス スタチンを用いた臨床試験とその意義.分子脳血管病 7:48-58, 2008.

松本昌泰
脳梗塞の薬.きょうの健康 238:124-131, 2008.

仲博満、野村栄一、松本昌泰
Microbleeds.Journal of Clinical Rehabilitation 17:275-279, 2008.

大槻俊輔、野村栄一、郡山達男、松本昌泰
脳血管のアンチエイジング.広島医学 61:86 -90, 2008.

大下智彦、松本昌泰
糖尿病とアルツハイマー病.Diabetes Frontier19:149-155, 2008.

大槻俊輔、松本昌泰
脳卒中急性期.綜合臨牀57:1349 -1353, 2008.

郡山達男、越智一秀、松本昌泰
IFNβ治療と効果予測因子.日本臨牀66:1119 -1126, 2008.

松本昌泰
脳血管障害とめまい.MB ENT 87:89 -95, 2008.

山下拓史、松本昌泰
PARK1およびPARK4-α-synuclein(SNCA)とパーキンソン病.医学のあゆみ225:427-431, 2008.

郡山達男、松本昌泰
プラバスタチンの効果-J-STARSを中心に.成人病と生活習慣病 38:191-197, 2008.

郡山達男、松本昌泰
高血圧・脂質異常症・糖尿病の管理.内科 101:909-916, 2008.

大槻俊輔、松本昌泰
脳出血の病因・診断・治療.日本臨牀66:338 -344, 2008.

越智一秀、郡山達男、松本昌泰
成人眼筋型重症筋無力症.Clinical Neuroscience 26:976 -978, 2008.

末田芳雅、郡山達男、松本昌泰
糖尿病患者18,686例に対するスタチン投与による脂質低下療法の有効性:14件の無作為化試験のメタ解析.脳と循環 13:251 -256, 2008.

山下拓史、松本昌泰
α-シヌクレインと神経変性.Frontiers in Parkinson Disease 1:74-77, 2008.

松本昌泰
総論:脳梗塞治療戦略の進歩.Medical Science Digest 34:389-390, 2008.

郡山達男、大槻俊輔、松本昌泰
大規模臨床試験 主要薬剤の大規模臨床試験J-STARS.日本臨牀66:509-516, 2008.

郡山達男、松本昌泰
脳卒中の再発予防!リスクファクターを管理する 高脂血症,糖尿病.薬局59:44-50, 2008.

川瀬佳代子、大槻俊輔、松本昌泰
頸部血管超音波検査の進歩と標準化.治療学42:1092-1094, 2008.

丸山博文、藤永正枝、宮地隆史、加藤久美、桑田寧子、高島三枝子、松本昌泰
在宅人工呼吸器使用患者の災害時対応-災害時の準備状況に関する訪問調査を踏まえて-.広島医学61:590-593, 2008.

河野智之、大槻俊輔、青木志郎、末田芳雅、野村栄一、郡山達男、松本昌泰
経口腔頸部血管超音波検査(Transoral Carotid Ultrasonography)の有用性.広島医学 61:563 -566, 2008.

宮地隆史、松本昌泰
アルツハイマー病.Medical View Point 29:1-2 ,2008.

山下拓史、郡山達男、大下智彦、高橋哲也、橋川一雄、服部信孝、福山秀直、松本昌泰
発症後30年経過したPARK6の1例 ―脳機能画像による検討―.臨床神経学48:662-665,2008.

近藤啓太、野田公一、越智一秀、野村栄一、大槻俊輔、松本昌泰
左上大静脈遺残を介したと考えられる奇異性脳塞栓症の1例.臨床神経学48 : 492-496, 2008.

寺澤英夫、田路浩正、片岡敏、中井竜太、出井勝、熊野潔、沖田進司、山根冠児、豊田彰宏
急性脳梗塞に対するt-PA療法の当院における経験.中国労災病院医誌17:28-33,2008.

瀬川亜希子 大下智彦 三好美智恵 越智一秀 大槻俊輔 郡山達男 松本昌泰
特徴的なMRI画像を契機として診断確定したムコ多糖症I軽症型(Scheie 病)の50歳代姉妹例.日本内科学会雑誌97(11):2794-2796,2008.

中村重信
前頭葉萎縮型と海馬萎縮型認知症における血清葉酸低値の意義.ビタミン82:70-71,2008.

吉田司、宇佐美清英、徳元一樹、碑田道成、猪野正志、小澤恭子、木村透、中村重信
非典型的な画像所見を示し、またアレルギー素因を持った平山病の1例.洛和会病院医学雑誌19:516-520,2008.

宇佐美清英、徳元一樹、猪野正志、小澤恭子、木村透、中村重信
脳梗塞との鑑別に苦慮した頸髄硬膜外血腫の1例.脳卒中30:516-520,2008.

中村重信、佐々木健、阿瀬川孝治、伊丹昭、伊藤達彦、清原龍夫、河野和彦、松田桜子、水野裕、宮原覚、折笠秀樹、遠藤英俊
Ferulic acidとgarden angelica根抽出物製剤ANM176TMがアルツハイマー病患者の認知機能に及ぼす影響.Geriatric Medicine46:1511-1519,2008.

松浦大輔、大下智彦、永野義人、大槻俊輔、郡山達男、松本昌泰
MRI拡散強調画像にてくも膜下腔に高信号域をみとめたリウマチ性髄膜炎の1例-FLAIR画像との比較-.臨床神経学 48:191-195, 2008.

教室紹介 医局について 神経内科医をめざす皆様へ 同門会員
広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院

医系科学研究科

脳神経内科学

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3

TEL:082-257-5201

FAX:082-505-0490

ロゴマークについて
研究紹介 卒前教育について
 
copyright by 1999-2015 Hiroshima Univ. Clinical Neuroscience & Therapeutics