広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院 脳神経内科学 広島大学大学院HP 外来診療 ENGLISH

教室紹介医局について研究紹介神経内科医をめざす皆様へ卒前教育について同門会員サイトマップお問い合わせ

  1. Home>
  2. 研究紹介>
  3. 業績>
  4. 2004年

研究紹介

新着情報

神経内科医をめざす皆様へ

広島大学大学院 脳神経内科学Facebookページ

同門会

CIDC難病対策センター

JSA日本脳卒中協会広島県支部

脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究

研究紹介

業績 2004年

2004
英文原著   英文総説   英文抄録   邦文著書   邦文原著   邦文総説   国際学会   学会発表(総会)   学会発表(地方会)   学会発表(研究会)   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究発表   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究報告書   座談会   冊子・その他  
 

邦文著書

三森康世松本昌泰
脳循環・代謝改善薬.治療薬Up-to-Date 2004(松澤佑次、永井良三、奥村勝彦・編)メディカルレビュー社、大阪・東京: p74-80, 2004.

松本昌泰
脳梗塞.循環器疾患最新の治療2004-2005(山口 徹、堀 正二・編)南江堂、東京: p415-421,2004.

松本昌泰
脳梗塞の再発予防.Today’s Therapy 2004(山口 徹、北原光夫・編)医学書院、東京: p608-609,2004.

森野豊之川上秀史郡山達男松本昌泰
脳卒中予防としてのAⅡ受容体拮抗薬の治療戦略の根拠は何か.AⅡ受容体拮抗薬のすべて 第3版(荻原俊男、菊池健次郎、猿田享男、島本和明、日和田邦男、宮﨑瑞夫・編)先端医学社、東京: p199-205, 2004.

野村栄一、梶川 博、松本昌泰
出血性脳血管障害と合併疾患.出血性脳血管障害.脳神経外科学大系8(山浦 晶・編)中山書店、東京: p77-82, 2004.

野村栄一大下智彦松本昌泰
脳血管障害.医薬情報担当者 MR教育研修テキスト 糖尿病2004年版.エルゼビア・ジャパン、東京: p38-43, 2004.

野村栄一郡山達男松本昌泰
脳血管障害予防の観点からみた高脂血症の治療.新世紀のバイパス術.The 22nd Meeting of the Mt. Fuji Workshop on CVD.にゅーろん社、東京: p50-52, 2004.

北川一夫、郡山達男松本昌泰
脳出血の予防.脳卒中治療ガイドライン2004(篠原幸人、吉本高志、福内靖男、石神重信・編)、興和企画: p98-102, 2004.

野村栄一松本昌泰
5脳卒中.3循環器の疾患.新臨床栄養学Ⅱ(井上修二・編)光生館、東京: p174-180, 2004.

仲 博満野村栄一松本昌泰
急いで血圧を下げないと!?高血圧を探る.シミュレイション内科(島田和幸・編)永井書店、大阪: p154-157, 2004.

仲 博満松本昌泰
無症候性脳梗塞症例への対応.高血圧診療のコツと落とし穴(島田和幸・編)中山書店: p156, 2004.

仲 博満松本昌泰
頸動脈狭窄病変合併例の血圧管理.高血圧診療のコツと落とし穴(島田和幸・編)中山書店: p188-189, 2004.

高橋哲也松本昌泰
脳血管障害への対処法.心臓病の外来診療.日本医師会雑誌特別号(矢崎義雄、大林完二、小川 聡、堀 正二、松﨑益德、永井良三・編)日本医師会、東京: p306-307, 2004.

中村重信
アルツハイマー病治療ガイドライン.最新医学 別冊・新しい診断と治療のABC 22.アルツハイマー病(田平 武・編)p201-210, 2004.

中村重信
アルツハイマー病の新しい治療法.よくわかるアルツハイマー病‐実際にかかわる人のために‐(中野今治、水澤英洋・編)長井書店: p281-290, 2004.

中村重信
Huntington舞踏病.Year note, Selected articles 2005.メディック・メディア: p1583-1589, 2004.

中村重信
痴呆ケアの世界の流れ.ぼけの人と家族への援助をすすめる第19回全国研究集会報告書2004.呆け老人をかかえる家族の会: p10-13, 2004.

中村重信
痴呆を主症状とする病気.家庭医学大全科(高久史麿、北村惣一郎、猿田亨男、福井次矢・編)法研: p1220-1227, 2004.

中村重信
コリンエステラーゼ(ChE)、アセチルコリンエステラーゼ(AChE).広範囲血液・尿化学検査、免疫学的検査‐その数値をどう読むか‐[第6版].日本臨床: p368-371, 2004.

原田俊英
片頭痛の症状に応じた薬剤選択基準の根拠.片頭痛へのアプローチ‐よりよい日常生活を配慮した診療を目指して‐(坂井文彦・編)先端医学社、東京: p195-216, 2004.

原田俊英
喫煙と痴呆、パーキンソン病などの神経疾患.禁煙指導アトラス(広島県医師会禁煙推進委員会・編)広島県医師会、広島: P50, 2004.

原田俊英、平野克壽、神辺眞之
更年期の精神・神経障害とその予防・対策(アルツハイマー病・うつ病など).臨床病理 レビュー特集第131号・シリーズ 女の一生と臨床検査‐更年期をめぐる身体の変化とその臨床‐(渡辺清明、高木 康、巽 典之・編)臨床病理刊行会、東京: p45-56, 2004.

編集委員 中村重信
特発性正常圧水頭症治療ガイドライン.(特発性正常圧水頭症治療ガイドライン作成委員会・編)メディカルレビュー社: 2004.

 

邦文原著

小林祥泰、寺崎修司、橋本洋一郎、井上 勲,中川原譲二、山田 猛、鈴木明文、山崎正博、
山本康正、永山正雄、鄭 秀明、岡田 靖、柏原健一、北川一夫、棚橋紀夫、野村栄一、高木 誠、
平田幸一、鈴木倫保
急性期入院虚血性脳血管障害の通常治療による3ヶ月目の転帰?脳卒中急性期患者データベースによる前向き検討?.脳卒中26: 323-330, 2004.

西谷美智恵森野豊之松岡直輝野村栄一宮地隆史丸山博之郡山達男三森康世松本昌泰
仲 博満、梶川 博
頸部血管超音波検査が診断に有用であったbow hunter’s syndromeの1例.日本内科学会雑誌93: 2424-2426, 2004.

野村栄一、谷川攻一、郡山達男松本昌泰、小林祥泰
心原性脳塞栓症におけるエダラボン、ヘパリンの有用性の検討.Pharma Medica 22: 124-125, 2004.

宮地隆史三森康世松本昌泰
シェーグレン症候群に関連したミエロパチーを呈した3例.脊髄機能診断学26: 98-103, 2004.

寺澤英夫織田雅也森野豊之宮地隆史和泉唯信丸山博文松本昌泰川上秀史
脊髄小脳変失調症6型の新規ハプロタイプが西日本における高有病率に寄与している.Update on Spinocerebellar Degeneration September : 4, 2004.

勝岡宏之三森康世十河正典山﨑雅美阪田研一郎池田順子原田 暁郡山達男松本昌泰
吸入式ステロイド薬使用中にギラン・バレー症候群様症状で発症したChurg-Strauss症候群の1例.臨牀と研究 81: 188-191, 2004.

大下智彦檜垣雅裕郡山達男三森康世松本昌泰
椎骨動脈解離によるWellenberg症候群の一例.Circulation Frontier 8: 61-65, 2004.

池田順子原田 暁郡山達男松本昌泰
胸髄にリング状造影病変を呈した晩発性多発性硬化症の一例.神経内科60: 281-284, 2004.

鳥居 剛満岡恭子渡辺千種
ビタミンB12欠乏と末梢神経障害.神経内科61: 324-328, 2004.

土井利毅、木村 透、猪野正志、広瀬秀一、浅田朋彦、駒田裕之、中村重信、近藤守寛、松田能宣
血圧上昇に伴いMRIで脳幹に異常信号を呈したネフローゼ症候群の一例.洛和会病院医学雑誌15: 66-68, 2004.

中村重信
痴呆疾患治療ガイドラインのフローチャート.臨床神経44: 211-212, 2004.

中村重信、猪野正志、広瀬秀一、土井利毅、木村 透、岡田方子、深尾篤嗣
前頭側頭型痴呆における血清葉酸値.ビタミン78: 174-175, 2004.

 

邦文総説

松本昌泰
脳梗塞患者におけるACEL/ARBの使い方.脳と循環9: 59-62, 2004.

松本昌泰
高血圧管理に眼底所見はきわめて重要.Medical Practice 21: 255-258, 2004.

松本昌泰
脳血管障害(INDANA, PROGRESSなど).日本臨牀62: 605-611, 2004.

松本昌泰
頭蓋外閉塞性脳血管病変の現状‐超音波エコー法による頸動脈病変の評価‐.脳神経外科ジャーナル13: 20-26, 2004.

松本昌泰
脳血管障害のリスク.日本内科学会雑誌93: 30-37, 2004.

松本昌泰
高血圧治療薬の選択順位‐脳卒中・痴呆症予防の視点から‐.綜合臨牀53: 2472-2478, 2004.

松本昌泰
無症候性脳血管障害.循環器科56: 293-301, 2004.

松本昌泰
脳保護を視点とした高血圧性臓器障害の予防・治療.日本臨床62: 142-152, 2004.

松本昌泰
脳血管障害を伴う高血圧症.The Experiment & Therapy 673: 17-20, 2004.

松本昌泰
特集によせて.血栓と循環12: 11, 2004.

松本昌泰
高齢者の脳卒中.循環plus 4: 6-8, 2004.

松本昌泰
脳血管病リスクとしてのメタボリック症候群.内分泌・糖尿病科19: 537-543, 2004.

松本昌泰野村栄一郡山達男
スタチン療法の意義:J-STARSを中心に.脳卒中26: 651-655, 2004.

松本昌泰高橋哲也
アポリポ蛋白Eと脳血管障害.Athero-thrombosis 17: 31-33,2004.

郡山達男松本昌泰
脳梗塞におけるスタチンの適応とその効果.今月の治療12: 99-101, 2004.

郡山達男檜垣雅裕松本昌泰
急性増悪期の治療の進め方.副腎皮質ステロイド剤.Modern Physician 24: 1882-1887, 2004.

郡山達男松岡直輝松本昌泰
脳血管障害の最近の動向.Angiology Frontier 3: 11-22, 2004.

山下拓史郡山達男松本昌泰
痴呆と血管病変.スタチンと痴呆.分子脳血管病3: 49-59, 2004.

山下拓史
図説:パーキンソン病の病態解明.日本臨牀62: 1594-1596, 2004.

山下拓史郡山達男松本昌泰
脳とスタチン.脳と循環 9: 223-228, 2004.

丸山博文松本昌泰
脳血管障害‐臓器・病態からみた高血圧メガトライアル.Pharma Medica 22: 37-41, 2004.

宮地隆史松本昌泰
急性脳卒中後の高血圧とCRP.血圧11: 4-5, 2004.

宮地隆史三森康世松本昌泰
ビタミン欠乏症.葉酸欠乏.日本臨床62: 368-371, 2004.

森野豊之松本昌泰
急性脳内出血における血圧.血圧11: 6-7, 2004.

越智一秀野田公一近藤啓太郡山達男松本昌泰
高血圧と脳血管障害.治療学38: 163-166, 2004.

松岡直輝郡山達男松本昌泰
期待される心血管イベント余地マーカー.頚動脈エコー.内科94: 271-275, 2004.

松岡直輝郡山達男松本昌泰
動脈硬化画像診断の進歩.超音波検査を用いた診断法.現代医療36: 139-144, 2004.

永野義人松本昌泰
合併症を持つ患者さんの高血圧治療.脳血管障害.Medical Digest 53: 10-17, 2004.

永野義人野村栄一山下拓史郡山達男松本昌泰
血管疾患の薬剤解説.第2回スタチン(HMG CoA還元酵素阻害薬).Vascular Lab 1: 80-83, 2004.

北村 健松本昌泰
脳梗塞の臨床検査値異常.臨床検査48: 1359-1364, 2004.

小林祥泰、松本昌泰
急性期脳血管障害の治療戦略‐Brain Attack時代のプロローグ‐ 司会者のことば.日本内科学会雑誌93: 72, 2004.

北川一夫、堀 正二、松本昌泰
急性期脳血管障害の治療戦略‐Brain Attack時代のプロローグ‐ 急性期脳血管障害治療の近未来的展望.日本内科学会雑誌93: 99-105, 2004.

仲 博満郡山達男三森康世松本昌泰
脳血管障害の診断と治療の進歩.腎と透析56: 193-197, 2004.

仲 博満松本昌泰
糖尿病を合併した慢性期脳梗塞患者における再発予防の要点.Diabetes Frontier 15: 835-837, 2004.

野村栄一
虚血性脳血管障害の急性期治療.Medical Academy News 888号: 6, 2004.

野村栄一、谷川攻一
復温時の管理の注意点.救急医療ジャーナル65: 17-20, 2004.

野村栄一郡山達男松本昌泰
急性期?亜急性期の抗血栓療法.脳梗塞?病態診断と治療の進歩.血栓と循環12:32-36, 2004.

野村栄一
脳梗塞 これからの治療.日本薬剤師会雑誌56: 879-882, 2004.

高橋哲也松本昌泰
代謝症候群と脳血管障害‐病態と臨床‐.Medical Practice 21: 2019-2024, 2004.

勝岡宏之三森康世原田俊英十河正典山村安弘松本昌泰
Anton症候群で発症した孤発性Creutzfeldt-Jakob病の1例.広島医学(印刷中), 2004.

中村重信、本間 昭、仲秋秀太郎
痴呆疾患診断・治療のガイドライン‐策定から約1年を経た現状と将来展望.Cognition and Dementia 3: 75-83, 2004.

中村重信
痴呆のガイドライン.ドクターサロン48: 221-224, 2004.

中村重信、大屋 荘、坂井久美子、小山和代
治療は治験からはじまる‐最近の治験の動向‐.洛和会病院医学雑誌15: 1-6, 2004.

井上 健白井拓史原田俊英三森康世松本昌泰
体性感覚誘発電位・磁場について‐神経機能の解明‐.臨床病理52: 77-80, 2004.

原田俊英石﨑文子、呉 限、程 為平
パーキンソン病治療ガイドライン2002について(第2報).広島医学57 : 95-105, 2004.

原田俊英
内科医が診るしびれと痛み‐一側または両側上肢のしびれと痛み‐.Medicina 41: 1268-1273, 2004.

教室紹介 医局について 神経内科医をめざす皆様へ 同門会員
広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院

医系科学研究科

脳神経内科学

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3

TEL:082-257-5201

FAX:082-505-0490

ロゴマークについて
研究紹介 卒前教育について
 
copyright by 1999-2015 Hiroshima Univ. Clinical Neuroscience & Therapeutics