広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院 脳神経内科学 広島大学大学院HP 外来診療 ENGLISH

教室紹介医局について研究紹介神経内科医をめざす皆様へ卒前教育について同門会員サイトマップお問い合わせ

  1. Home>
  2. 研究紹介>
  3. 業績>
  4. 2002年

研究紹介

新着情報

神経内科医をめざす皆様へ

広島大学大学院 脳神経内科学Facebookページ

同門会

CIDC難病対策センター

JSA日本脳卒中協会広島県支部

脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究

研究紹介

業績 2002年

2002
英文著書   英文原著   邦文著書   邦文原著   邦文総説   中国文著書   中国文原著   国際学会   学会発表(総会)   学会発表(地方会)   学会発表(研究会)   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究発表   文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究報告書   座談会   冊子・その他
 

文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究発表

[厚生科学研究費補助金特定疾患対策事業・特定疾患対策の地域支援ネットワークの構築に関する研究班、平成13年度班研究会議、東京、2002.1.11]
片山禎夫中村重信
広島県難病ネットワークの充実とアンケート調査結果
藤永正枝、水野貞子、中村重信
神経難病患者の在宅療養支援ネットワーク作りの取り組み‐Shy-Drager症候群患者の在宅療養支
援:看護の立場から‐

[厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業・神経変性疾患に関する研究班、平成13年度班会議、東京、2002.1.12]
中村重信片山禎夫仲 博満大下智彦井門ゆかり北村 健宮地隆史丸山博文
本淨貴絵三森康世野田公一渡邉千種
多系統萎縮症におけるglial cytoplasmic inclusionsの免疫組織化学およびmagnetization transfer
imagingを用いた臨床病理学的検討

[厚生労働省特定疾患対策研究事業・運動失調症に関する調査及び病態機序に関する研究班、2001年度班会議、東京、2002.1.18]
川上秀史織田雅也丸山博文寺澤秀夫和泉唯信森野豊之鳥居 剛宮地隆史、市川桂二、
小牟禮 修、小川雅文、中村重信
Spinocerebellar ataxia 17の検討

[厚生労働省特定疾患対策研究事業・免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成13年度班会議、東京、2002.2.5-6]
越智一秀片山禎夫檜垣雅裕松岡直輝池田順子原田 暁中村重信郡山達男
慢性炎症性脱髄性多発根神経炎におけるmonocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1)産生につ
いて‐免疫組織化学染色を用いた検討‐
檜垣雅裕越智一秀松岡直輝池田順子原田 暁中村重信郡山達男
慢性炎症性脱髄性多発根神経炎に対する免疫グロブリン大量療法に伴うTh1とTh2サイトカイン
の変動

[厚生労働省精神・神経疾患研究委託費・神経疾患の予防・診断・治療に関する臨床研究班、平成14年度班会議、市川、2002.12.2-3]
渡邉千種鳥居 剛満岡恭子中村 毅片山禎夫
多数の橋神経細胞質内封入体と大脳皮質神経核内封入体を認めた線条体黒質変性症の1剖検例

[厚生労働省精神・神経疾患研究委託費・筋ジストロフィーの治療と医学的管理に関する臨床研究、平成14年度班会議、東京、2002.12.6-7]
鳥居 剛、福田清貴、渡邊千種中村 毅満岡恭子、石瓶紘一
Videofluorography (VF)を用いたMyotonic Dystorphy (MyD)の嚥下機能評価

 

文部科学省、厚生労働省等研究班委託研究報告書

[財団法人アサヒビール学術振興財団食生活科学・文化及び地球環境科学に関する研究助成]
松本昌泰
動脈硬化進展におけるアルデヒド脱水素酵素遺伝子多型の関与-遺伝的体質に見合った生活習慣
の是正をめざして-.平成11年度研究紀要: 33-36, 2002.

[平成13年度喫煙科学研究財団研究年報]
中村重信山下拓史中村 毅高橋哲也永野義人
ニコチン受容体を介する老年者神経疾患の予防・治療‐α-synuclein凝集機序の解明‐.平成13年度研究年報: 662-667, 2002.

[厚生労働省特定疾患対策研究事業・免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成13年度研究報告書]
郡山達男越智一秀片山禎夫檜垣雅裕松岡直輝池田順子原田 暁中村重信
慢性炎症性脱髄性多発根神経炎におけるmonocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1)産生について
‐免疫組織化学染色を用いた検討‐.2001年度研究報告書: 124-127, 2002
郡山達男檜垣雅裕越智一秀松岡直輝池田順子原田 暁中村重信
慢性炎症性脱髄性多発根神経炎に対する免疫グロブリン大量療法に伴うTh1とTh2サイトカイン
の変動.2001年度研究報告書: 128-131, 2002

 

座談会

荻原俊男、松本昌泰、金 勝慶、楽木宏実
SCOPEから考察するARBの新評価.血圧9: 105-116, 2002.

松本昌泰、山科 章、木村玄次郎、菊池健次郎
標的臓器保護を考慮した降圧薬の選択とARBの有用性‐24時間血圧コントロールの意義‐.Pharma Medica 20: 105-114, 2002.

内山真一郎、阿部康二、松本昌泰
脳梗塞分子病態の解析と制御‐“be”vs.“do”から“ing”の科学へ‐.現代医療34: 2-24, 2002.

島田和幸、松本昌泰、内山真一郎
ブレインアタック予防を目的とした新しい治療戦略.薬の知識53: 8-14, 2002.

篠原幸人、今井 潤、松本昌泰
高血圧管理と脳卒中予防.臨床高血圧8: 5-17, 2002.

桑島 巌、松本昌泰
脳卒中再発防止に関する降圧療法のevidence‐PROGRESSサブ解析の結果を含めて.ABPM NEWS 7: 1-11, 2002.

松本昌泰、谷川攻一、豊田章宏、井上 勲、森山美知子
ブレインアタックへの新しい取り組み‐広島から.臨床と薬物治療21: 1200-1212 , 2002.

島 健、阿部康二、松本昌泰
脳卒中におけるシームレス医療の実現に向けて‐超急性期から慢性期までの治療戦略‐.Mebio 20: 2-7, 2002.

 

冊子・その他

中村重信
頭痛について.広島市内科医会報50: 58-60, 2002.

松本昌泰
頸動脈病変.CARdioLOGy & STROkoLoGy UpdATE 7: 2-5, 2002.

松本昌泰
脳卒中予防と厳格な高血圧管理‐降圧と脳卒中予防を考察する‐BRAIN ATTACK(脳発作)制圧の視点から.Medical Tribune 35: 22-23, 2002.

松本昌泰
脳卒中予防と厳格な高血圧管理‐降圧と脳卒中予防を考察する‐日本の脳卒中予防はどうあるべきか?Medical Tribune 35: 26-27, 2002.

松本昌泰
第5回脳卒中市民シンポジウムin広島「脳卒中のメカニズムとその予防」.朝日新聞: 6.30, 2002.

松本昌泰
脳卒中予防と厳格な高血圧管理‐降圧と脳卒中予防を考察する‐パネルディスカッション日本の脳卒中予防はどうあるべきか?Medical Tribune 35: 22-23, 2002.

松本昌泰
脳卒中からブレインアタック(脳発作)へ.産経新聞: 6.27, 2002.

松本昌泰
教授就任挨拶.広仁会会報62: 10, 2002.

中村重信
退官にあたって.広仁会会報62: 16, 2002.

山村安弘
退官にあたって.広仁会会報62: 18, 2002.

松本昌泰
10年後の医学・医療とは:mega-competition時代へのプロローグ.広島市内科医会報51: 3-5, 2002.

松本昌泰
生活改善薬の功罪(1)‐正しい理解とは‐.薬の知識53: 1, 2002.

松本昌泰
脳卒中に対するCa拮抗薬の有用性-頸動脈硬化の視点から アムロジピンの優れたIMT抑制作用.Medical Tribune 35: 26-27, 2002.

松本昌泰
脳血管障害と高血圧治療.血圧9: 2, 2002.

松本昌泰
高齢者高血圧治療の新しい展開.Medical Tribune 35: 15, 2002.

松本昌泰
シリーズ 高血圧治療の常識を考える‐Ca拮抗薬か,それともARBか脳保護作用から考える.Medical Tribune 35: 4-5, 2002.

松本昌泰
教授訪問.広仁会々報63: 36-37, 2002.

松本昌泰
無症候性脳血管障害(未破裂脳動脈瘤を除く).TODAY’S THERAPY 2003: 597-598, 2002.

三森康世
痴呆症について.むつみ3: 1, 2002.

郡山達男
日常診療における頭痛の鑑別診断と最新の治療.広島市南区医師会だより6: 5, 2002.

原田俊英
気になる症状.中国新聞: 7.30, 2002.

井上 健
気になる症状.中国新聞: 1.20, 2002.

井上 健
「ボツリヌス治療」ってどんなもの? リビングひろしま: 3.16, 2002.

中村重信
痴呆疾患治療ガイドライン策定にあたって‐神経内科より.CLINICIAN 49: 94-100, 2002.

教室紹介 医局について 神経内科医をめざす皆様へ 同門会員
広島大学大学院 脳神経内科学

広島大学大学院

医系科学研究科

脳神経内科学

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3

TEL:082-257-5201

FAX:082-505-0490

ロゴマークについて
研究紹介 卒前教育について
 
copyright by 1999-2015 Hiroshima Univ. Clinical Neuroscience & Therapeutics